ごきげんよう

子供のころ、頭のよくない私に母親が名作の全集を買い与えてくれました。

少しでも読書好きになってほしいとの親心だったのでしょうが、分厚い本が毎月のように送られてくるので、とても読む気にならず、読んだふりばかりで、ほとんど手付かずだったという苦い思い出があります。

高校の時にクラスに来られた教生の先生からは「内藤君、本屋に行ったら、すぐ読まなくても、なんとなくでもいいから、いいなぁと思ったら必ず本は買いなさい。本屋に行って手ぶらで帰っちゃだめよ。」と口癖のように言われていたので、それからは予算のある限り?本屋に寄れば本を買うように努めています。なので家にはもちろん、手つかずの本も結構あります。

先日、会社のスタッフに本を貸したところ、返却時に自分のおすすめの本のコメントと一緒にしおりのプレゼントをいただきました。

そのちょっとした心遣いにとても気持ちの良い思いをしました。本が好きな人って気遣いもできてるってことなのかなぁなどと感心もしました。早速、彼女のお薦め本も買いに行きました。

そういえば、子供のころ本が好きだった子って、みんななぜかしらとても勉強ができてた記憶があります。

この歳になって少しその理由がわかってきたように思います。

ゴールデンウィーク、さわやかな五月晴れの中、自宅に籠って読書してみたいと思います。

少しだけゴルフします。

みなさんもすてきなゴールデンウィークをお過ごしください。

siori